沿革

昭和51(1976)年3月設立 資本金3,500万円
昭和54(1979)年11月日本硝子工機株式会社を設立
昭和55(1980)年7月増資 資本金7,000万円
昭和56(1981)年9月シービーシ・エンジニアリング株式会社を設立
シービーシ・エンタープライズ株式会社を設立
平成2(1990)年9月日本硝子工機株式会社、シービーシ・エンジニアリング株式会社、シービーシ・エンタープライズ株式会社と合併し、サーマトロニクス貿易株式会社を存続会社とする。資本金1億2,754万円となる。
平成17(2005)年1月ガラス関連事業から撤退。設立時の電子関連事業に1本化する。
平成20(2008)年~アップル社指定工場からタッチパネル用Slit Coater System受注開始
平成22(2010)年1月資本準備金に2,754万円を組み込み、資本金を1億円とする。
平成25(2013)年12月サーマトロニクス貿易株式会社を存続会社として、株式会社目白プレシジョンを吸収合併し、
株式会社サーマプレシジョンに社名を変更する。