分析装置

3D加熱表面形状測定装置 サーモレイAXP2.0(akrometrix社製)

 

特徴

JEDEC,JEITA 等パッケージ反り規格であるシャドウモアレ原理を使用した反り測定装置
上下加熱測定によりリフロー工程の反り値測定が可能(最大375X375mm 測定エリア)
オプション機能、デジタル画像相関法(DIC)による線膨張係数算出、雰囲気冷却加熱により熱サイクル試験も可能
オプション機能DFPモジュール: 段差のあるサンプル測定が可能となりました。
例:はんだボール付きBGA, 最大段差±10mm

 

 

3D加熱表面形状測定装置 サーモレイPS200S/PS600S(akrometrix社製)

3D加熱表面形状測定装置 サーモレイPS200S/PS600S(akrometrix社製)

従来機PS200/PS600シリーズに最新akrometrix Studioソフトウェアを搭載しアップグレードされた新モデルPS200S/PS600S新ソフトにより、操作性、解像度がアップ。

*従来機PS200からの改造も可能。

項目 PS200S PS600S
測定視野 150×200mm 600×600mm

サーモレイ常温検査機 TTSM(テーブルトップタイプ)

サーモレイ常温検査機 TTSM(テーブルトップタイプ)

新製品  シャドウモアレ式表面反り測定検査機。
測定視野 310 ㎜×300 ㎜
プリント基板、パッケージ単体から φ300mm ウエハーまで測定可能
装置本体重量 35㎏

インターフェースアナリシスソフトウェア(ソフトウェアオプション)

インターフェースアナリシスソフトウェア(ソフトウェアオプション)

akrometrix Studioソフトウェアを搭載した装置で取得した
データで実装シミュレーションが可能に。PoPトップとボトム両面の解析や、PCBランドエリアとパッケージ実装面の形状解析が可能に。

画像

受託測定サービス承ります。

弊社東京テックに常設しております、サーモレイAXP及び各種オプションでの測定を随時承っております。ぜひご利用ください。

・シャドウモアレでの反り測定
・DIC(デジタル画像相関法)でのCTE値測定
・コンベクティブモジュールでの熱サイクル(-50℃~300℃)
・その他

*測定条件等は別途お打合せにて決定させて頂きます。
また場合により、ご指定条件に添えない場合がございます。
費用等はお打合せの上、お見積りとさせていただきます。